アタシんちの男子ネタバレあらすじブログ

スポンサードリンク

アタシんちの男子 第4話ネタバレあらすじ

アタシんちの男子 第4話「ラブな誘拐大作戦」(2009/05/05放送)

 千里(堀北真希)は、『ミラクル』の社長秘書・時田(山本耕史)から、借金1億円の返済を迫られる。時田によれば、ミラクル社が進めていた大規模アトラクション事業が、スポンサーの撤退により中止に追い込まれそうなのだという。顧問弁護士の響子(高島礼子)が所持している千里との契約書には『ミラクルが倒産した場合、1億円はただちに返金すること』『社長代理としてミラクルに尽力すること』と記されていた。時田は、その契約をたてに「プロジェクトの存亡をかけて明日行われる最終プレゼンでスピーチをしてもらう」と千里に告げる。

 同じころ、翔(向井理)の息子・力(丸山歩夢)が行方不明になるという騒動が起きる。ほどなく、何者かから「力を誘拐した」という電話が入った。しかも誘拐犯は、新造(草刈正雄)の声で電話をしてきていた。犯人は、身代金を要求せず、離婚した力の両親・翔と咲(浅見れいな)に、ある広場に行くよう命じた。


 千里は、優(山本裕典)が返しにきたボイスチェンジャー『ハイパワーボイス』を明(岡山智樹)が手にとっていたことを思い出す。そのことを問い詰められた明は、千里を、力が隠れている場所に案内した。実は今回の誘拐事件は、翔と咲によりを戻してもらうために、力が明に協力を求めて実行した偽装誘拐だった。千里から事情を聞いた国土(つるの剛士)たちは「千里も力に協力すべきではないか」と提案する。

 力の計画に協力することを決めた千里は、翔と咲に「一緒に写真を撮れ」「カラオケ大会でデュエットして優勝しろ」と、さまざまな指示を出した。


 翔と咲は、互いに協力しあって、千里たちの指示をクリアしていった。その際、翔は、咲から新造の話を聞かされる。実は新造は、翔に内緒でふたりの生活費を援助していたのだという。新造が子どもをおろすよう翔に命じたのも、翔の覚悟を確かめるだめだった。その話を聞いた翔はショックを受けていた。

 千里たちの計画には、国土や平次(永山絢斗)はもちろん、千里親衛隊の面々、そして事情を知った猛、優、智も加わった。そんな中、国土らの顔を覚えていた翔は、すべてを理解しトリックハート城へと向かった。そこで力と再会する翔と咲。待ち構えていた猛は、今回の黒幕が力であることを翔たちに伝えると、力を担いで部屋を出て行く。翔たちはその後を追った。


 翔たちがたどり着いたのは、ミラクルの新プロジェクト最終プレゼンの会場だった。演壇に上がった千里は、スピーチをせず、その代わりにある映像を流した。それは、千里たちからの指示に従って力を合わせる翔と咲の姿だった。そこに、力のナレーションや、デビューを目論んで録音した猛の歌がかぶさり、最後には新造も登場した。「触れてみればわかる、その温もり。何があっても変わることのない、その絆。そういう願いが込められています。是非体感してみてください」と締めくくる新造。それは、宝探しのアトラクションゲームを通じて家族の絆を深めることができる、という今回のプロジェクトのコンセプトを表現した映像だった。実は新造の言葉は、『ハイパワー電動おしり拭き』の説明用DVDから抜粋したものだったが、会場からは拍手が沸き起こっていた。


 翔は、新造が用意していた誕生日プレゼントを力に渡し、これからは咲と一緒に暮らすよう告げる。新造がそうしてくれたように、自分も力をずっと見守っている――翔は、力を抱きしめながらそう約束した。

 千里たちがトリックハート城に戻ると、そこに長男・風(要潤)の姿があった。風は、千里と親しくなり始めている兄弟たちを挑発するかのように「いままで千里がやってきたことはすべて金のためだ」と言い放った… 。

スポンサードリンク
posted by アタシんちの男子ネタバレあらすじ at 16:48 | アタシんちの男子ネタバレあらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。