アタシんちの男子ネタバレあらすじブログ

スポンサードリンク

アタシんちの男子 第3話ネタバレあらすじ

アタシんちの男子 第3話「男子、恋にタメ息」(2009/04/28放送)

 千里(堀北真希)のもとに、四男の優(山本裕典)が窃盗の容疑で逮捕されたという知らせが入る。千里は、次男の猛(岡田義徳)に命じられて、渋々警察へと向かった。

 警察署に着いた千里は、優が誤認逮捕されたことを知る。近くで現金盗難事件があり、職務質問を受けた優がたまたま50万円を持っていたからだった。実は優は、極度の女性恐怖症を克服するためにカウンセリングを受けようとしていた。 50万円はその入会金なのだ。優の所持品の中からそのチラシを見つけた千里は、猛や三男の翔(向井理)、五男の智(瀬戸康史)に報告した。すると猛は、優に向かっていきなり「お前の女性恐怖症を治してやる!」と言い放つ。

 そんな折、トリックハート城に智の担任・吉田真央(小野真弓)がやってきた。登校拒否を続けている智を心配して訪ねてきたのだという。その姿を見た優は、驚きを隠せなかった。真央は、優を女性恐怖症にさせた張本人だった。

 一方、アパートに戻った長男の風(要潤)は、郵便の中に、父・新造(草刈正雄)からの手紙が混じっていることに気づく。同じころ、翔は『ミラクル』の顧問弁護士・響子(高島礼子)から「トリックハート城の96番の部屋に宝が隠されている」と教えられる。翔は、それがクロック=千里の部屋となった『恐怖時計の部屋』ではないかと推測した。

 そんな中、国土(つるの剛士)が働くネットカフェを訪れた千里は、親衛隊の西郷(なすび)たちから、かつて天才マジシャンともてはやされた智が、両親の脱税事件で芸能界を追われたことを教えられる。千里は「高校を辞めても、もう一度マジシャンを目指して稼げばいい」などと智に言ってしまったことを後悔した。


 千里は、すっかり落ち込んでいる優を励まそうと、新造が作った『ハイパワーボイス』を使おうとした。千里は『ハイパワーボイス』に「そんなあなたが大好きです!」と吹き込み「この機械は相手の心の声を聞くことができるから真央に試してみたらどうか?」と嘘をついて優に渡す。優は「バカにするな」と千里に反発した。千里は、そんな優に「辛い過去に悩むのも、新しい自分を見つけようともがくのも間違っていないのだから、もっと今の自分を好きになってあげてもいいんじゃないか」と言葉をかける。

 真央が再びトリックハート城にやってくる。千里と優の会話を聞いていた智は、真央の前に姿を見せ「いつか学校に行く」と約束した。

 ところがその最中、真央の正体が判明する。実は彼女は、智の担任でも、優の初恋の人でもなく、手配中の空き巣だった。千里は、智の心を踏みにじった真央に怒りをぶつけ、翔や優、智と協力して逃げようとしていた真央を捕まえた。


 真央が持ち出そうとしていた荷物の中に、宝箱のようなものがあった。その中に入っていたのはおもちゃとバースデーカードだった。どうやらそれは、新造が、翔の子ども・力(丸山歩夢)のために用意したものらしい。翔は、動揺を抑えながらトリックハート城を後にした。するとそこに「力が行方不明になった」という知らせが入る。

 トリックハート城のリビングには、猛に続いて、智の手形も飾られる。そこで優は、千里に向けてハイパワーボイスのボタンを押してしまう。「そんなあなたが大好きです」。新造の声で流れたその言葉に、優は動揺する。

 そのとき、千里の携帯に『ミラクル』重役で新造の秘書だった時田(山本耕史)から連絡が入った。時田は「1億円を今すぐ返してもらわなければならなくなった」と千里に告げた…。

スポンサードリンク
posted by アタシんちの男子ネタバレあらすじ at 04:19 | アタシんちの男子ネタバレあらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。